第2回シンポジウムのご案内

2008年度第2回シンポジウム


老いをめぐる

ポリティクス


東アジアにおける民衆の世界観 (7)



日時:2008年38日(土)、13時から

報告:
 伊東久智 「老人支配」への挑戦:日露戦後の「青年」論にみる「老い」と「政治」
 板垣竜太 1920〜30年代朝鮮の地域社会における「青年」

会場:東京都新宿区西早稲田2-3-4 早稲田大学染谷国際記念会館(下図参照)

司会:佐々木啓


趣旨文は[2007年度趣旨文]からご覧いただけます。

みなさまのご参加、ありがとうございました。

コメント

このブログの人気の投稿

2018年度第1回研究会へのおさそい

東アジアの視点から安丸民衆史を考える 2017年度第2回大会

澤井啓一さんが『日韓民衆史研究の最前線』評論文を歴研に寄稿されました