投稿

工兵と新聞記者がみた19世紀朝鮮 2018年度第2回大会

イメージ
アジア民衆史研究会 2018年度第2回研究会を、以下の要領で行います。ぜひご参加ください。 工兵と新聞記者がみた19世紀朝鮮アジア民衆史研究会 2018年度第2回大会報告者・論題第一報告廣瀬邦彦(舞鶴地方史研究会・京都府立東舞鶴高校)「「韓行日記」発掘のいきさつと所蔵者池田儀一郎について」青木然(アジア民衆史研究会・たばこと塩の博物館)「原正忠「韓行日記」からみる壬午軍乱と朝鮮観」第二報告中川未来(愛媛大学)「日清戦前の朝鮮経験と対外観形成—在朝日本人・居留地メディア・地域社会」コメント金山泰志(同朋大学)日時・会場2018年12月8日(土)午後1時30分開始 明治大学 駿河台キャンパス リバティータワー 11階 1113教室 事前申し込みは不要です お問い合わせ/最新情報 アジア民衆史研究会事務局
popular.history.in.asia@gmail.com 趣旨文2018年第2回研究会では、壬午軍乱(1882年)に従軍した工兵と甲午農民戦争(1894年)を報じた新聞記者の朝鮮経験に着目し、彼らのテクストやその影響から、同時期の日本の朝鮮観を考えたい。 近代日本の対外観に関する研究では、その時代を代表する知識人の論説やメディアの論調に着目し、内政・外政のパワーバランスをめぐる議論のなかで、対象となる国・地域がどのように論じられたかを分析する方法が主流といえる。当時支配的だった対外観を復元するうえでは、こうした方法は有効だろう。 しかし、時代を牽引した外交論は自国に利するように論じられる傾向にあり、その対外観もおのずと論旨に合わせ戦略的に構築されたものとなる。また、当時の論調から最大公約数的な“日本の”対外観を導き出すことは、個々の主観に現在の地点からナショナルな枠をもう一度かぶせてしまう作業ともなる。近年では視聴覚メディアなどの通俗的なテクストも視野に入れながら、より広範な民衆の対外観を見通そうとする研究も増えてきているが、こうした作業も日本語メディアの作り出した解釈枠組みを復元することに終始しかねないという問題を抱えている。 現在を生きる私たちの対外観がナショナルな語り方に拘束されていて、それが排外主義への傾斜を促すこともある。だとすれば、対外観の研究においては、支配的な対外観の復元だけをめざすのではなく、個々の経験や動機に根ざしたレベルの対外観から、支…

2018年度第1回研究会へのおさそい

イメージ
アジア民衆史研究会 2018年度第1回研究会を、以下の要領で行います。ぜひご参加ください。

アジア民衆史研究会 2018年度第1回大会 日時 2018年6月23日(土)  13時開始 会場明治大学 駿河台キャンパス リバティタワー 8階 1085教室 報告 江永博(早稲田大学)「史跡名勝天然記念物と 1930年代の植民地台湾社会」韓梨恵(千葉大学)「植民地朝鮮における青林教の活動と展開」土井雄貴(法政大学)「「聖地」奈良への動員における消防組の活動」 *事前のお申し込みは必要ありません。 *当日はレジュメ代として300円をいただきます。 お問い合わせ アジア民衆史研究会事務局 popular.history.in.asia@gmail.com

東アジアの視点から安丸民衆史を考える 2017年度第2回大会

イメージ
アジア民衆史研究会 2017年度第2回研究会を、以下の要領で行います。ぜひご参加ください。
東アジアの視点から安丸民衆史を考える アジア民衆史研究会 2017年度第2回大会 日時 2017年12月16日(土)  13時開始 会場明治大学 駿河台キャンパス リバティタワー 7階 1075教室 報告 澤井啓一 「儒教土着化」論から安丸思想史を考える――「通俗道徳」及び「民衆宗教」はどこまで有効な概念か――深谷克己  安丸思想史における日本と東アジア、そして世界武内房司  清末民衆宗教に見る宗教的回心の諸相――安丸良夫氏の民衆宗教研究に寄せて―― *事前のお申し込みは必要ありません。 *当日はレジュメ代として500円をいただきます。 お問い合わせ アジア民衆史研究会事務局 popular.history.in.asia@gmail.com 趣旨文今回のシンポジウムは、安丸良夫の民衆史研究を東アジアの視点から考えることを開催の目的としている。アジア民衆史研究会は東アジア民衆像の総体的理解という視座にたって研究活動を続けてきた。一九九七年に当研究会が開催した「東アジアの近代移行を民衆運動史からとらえる国際シンポジウム」では、「共通する体験と異なるもの、さらに対立する経験などの経験(ママ)を総合して、なお『東アジア民衆』という概念が成立しうるのかどうかを問いながら、近代化に成功したか失敗化したかを速断するよりも、近代移行の過程を民衆がどのように体験していくのかを機軸に近代移行を特徴づけ深めていきたい」と趣旨文で表明している。以後、近代移行期を中心として、東アジア民衆像について研究活動を続け、国際交流を行ってきた。 近年において、深谷克己らが提唱した「東アジア化」論は日本の歴史学界における一つのイッシューとなっている。中国史研究者の岸本美緒は、「東アジア化」論の課題を、「中国(や朝鮮)で色濃くみられた秩序形成のあり方(儒教なかんずく朱子学、集権的政治体制、文人支配などによって特色づけられる)を『東アジア的』というなら、日本はそのような東アジア的秩序形成(すなわち『東アジア』化)を行いえたのか否か、そして現代的な見地からそのことをどのように評価すべきか」と整理している(岸本美緒「地域論・時代区分論の展開」、歴史学研究会編『第四次現代歴史学の成果と課題』、二〇一七年所収)。こ…

『アジア民衆史研究』第22集を発行しました

『アジア民衆史研究』第22集を発行しました。目次は以下の通りです。
またご購入をご希望の方は、事務局までお気軽にお問い合わせください。
アジア民衆史研究 第22集 目次 中嶋久人・深谷克己「序文」
2016年度 第1回研究会 書評『日韓民衆史研究の最前線』 大月英雄「東アジアの民衆をいかに描くか 日本の史学史を参照軸として」
小川原宏幸「歴史における全体像把握のために」
討論要旨
2016年度 第2回研究会
シンポジウム 「身分」と「門中」から問う琉球・沖縄社会
東アジアの近世・近代を島嶼社会琉球から考える 趣旨文
山田浩世「近世琉球社会の中の身分変更 庖丁人・医師・海運業者などを中心として」
玉城毅「階層文化としての親族 地方役人層と一般の百姓にとっての「門中化」」
松沢裕作「 <コメント> 結びつきを比較する 日本近世・近代史研究の立場から」
討論要旨

2017年度第1回研究会へのおさそい

アジア民衆史研究会 2017年度第1回研究会日時:2017年7月15日(土) 13時開始 会場:東洋大学白山キャンパス 5号館(井上記念館)3階 5310教室 報告渡辺桂子「北清事変における新聞記者処遇」 髙住直樹「「玉音放送」直後の日本における戦時被害言説 過去の不安全の再構築という観点から」 高田雅士「災害を記録する人びと 1953年の南山城水害・台風13号災害をめぐって」 ※事前申し込みは必要ありません。当日はレジュメ代として200円をいただきます。
※当日は東洋大学でオープンキャンパスが開催されるため、混雑が予想されます。

澤井啓一さんが『日韓民衆史研究の最前線』評論文を歴研に寄稿されました

イメージ
『歴史学研究』2017年1月号に、澤井啓一さんによるアジア民衆史研究会・歴史問題研究会編『日韓民衆史研究の最前線 新しい民衆史を求めて』に対する評論が掲載されました。「民衆史」を論じつつ、日本と韓国での異なった「通俗化」の様式という問題を提起する、鋭く、そして熱のある論考です。ぜひお手にとってご覧下さい。
『歴史学研究』2017年1月号 No.953 批判と反省澤井啓一「夢から覚めて、人は何を想う──『日韓民衆史研究の最前線──新しい民衆史を求めて』の読後感想──」アジア民衆史研究会・歴史問題研究会編『日韓民衆史研究の最前線 新しい民衆史を求めて』(有志舎、2015年) 目次はじめに(深谷克己)第I部 方法論をめぐる葛藤一 メディアを利用しての民衆史研究(須田 努)二 民衆運動史研究の方法(趙景達)三 東学農民戦争に対する新しい理解と内在的接近(裵亢燮、鶴園裕・飯倉江里衣訳)第II部 多様な民衆像一 東学の布敎と儒敎倫理の活用(李京遠、趙景達訳)二 一八九四年 東学農民軍の郷村社会内での活動と武装蜂起についての正当性論理(洪東賢、伊藤俊介訳)三 甲午改革における警察制度改革と民衆の警察認識(伊藤俊介)四 足尾鉱毒反対運動指導者田中正造における「自然」(中嶋久人)五 民衆の徴用経験(佐々木啓)六 産業化初期の韓国における労働福祉制度の導入と労働者の対応(張美賢、金 鉉 洙 訳)第III部 マイノリティからの視点一 マイノリティ研究と「民衆史研究」(檜皮瑞樹)二 民衆の暴力と衡平の条件(張龍経、伊藤俊介訳)三 神戸の港湾労働者と清国人労働者非雑居運動(青木然)四 孤独な叫び(蘇賢淑、金鉉洙)五 「貞操」言説の近代的形成と法制化(韓奉錫、久留島哲 訳)六 奄美諸島における「周辺」型国民文化の成立と展開(高江洲昌哉)交流の歩み アジア民衆史研究会二五年の「回顧と展望」(鶴園裕・中西崇)おわりに(中嶋久人)

「身分」と「門中」から問う琉球・沖縄社会 2016年度第2回研究会のご案内

イメージ
アジア民衆史研究会 2016年度第2回研究会を、以下の要領で行います。ぜひご参加ください。「身分」と「門中」から問う琉球・沖縄社会東アジアの近世・近代を島嶼社会琉球から考える
報告山田浩世(沖縄国際大)「近世琉球社会の中の身分移動──庖丁人・医師・細工人などを中心として」 玉城毅(奈良県立大)「階層文化としての親族──琉球・沖縄史における地方役人層と一般の百姓」 コメント松沢裕作(慶應義塾大) 長津一史(東洋大) 日時・会場2016年12月17日(土)14時開始 早稲田大学 戸山キャンパス 34号館 151教室 事前のお申し込みの必要はありません。 お問い合わせアジア民衆史研究会事務局
popular.history.in.asia@gmail.com 趣旨文これまで、アジア民衆史研究会は、運動史に主軸を置いた民衆史叙述を再考する形で民衆の様々な営みを歴史叙述としてどのように結実していくかを模索してきたが、2015年に論集を刊行し、一定の成果を提示することができた。こうした民衆史叙述の模索と軌を一にする形で、日本史の分野では、一国史を相対化する試みとして、中国史や朝鮮史との対話を通して東アジア近世論や近世近代移行期といった議論を通して歴史像を豊かにしてきた。ただし、改めて議論の射程を考えてみると、「小農自立」のように島嶼社会に適応できるのかどうか十分議論を深めたとはいえない状況もある。また、使用する用語についても、各地域社会に類似性は見られるが、その前提とする条件を再検討する必要も出てくるなど、理解を深めるための用語についても問題とする点が明らかになってきた。 今回の研究会は、かかる問題点を踏まえ、琉球に注目し、島津出兵後に琉球でも身分制と石高制に代表される「近世的編成」が行われたと説明されてきたが、島嶼社会である琉球では、はたしてこのような「近世的編成」がどのように展開してきたのか、また、それが近代社会の遺産として人々の生き方をどのように規定してきたのか。こうした点の理解を深める必要があると考えて企画した。 ここで簡単に琉球史研究の流れを振り返ると、1980年以降、高良倉吉・田名真之・豊見山和行・真栄平房昭ら先行世代によって切り開かれてきた「新しい琉球史像」も、その次の世代からの新たな試みもなされ、セカンドステージが模索されるようになった(民衆史からの先行世代の成果…