スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

第94回民衆思想研究会(12/10)のご案内

お知らせをいただきましたので、転載します。 第94回民衆思想研究会 日時 2022年12月10日(土) 13時30分開会 (17時30分閉会予定) 場所 早稲田大学早稲田キャンパス3号館704教室/オンライン(Zoom使用)併用 濵島実樹「鹿児島藩郷士層の境目意識―18世紀出水郷の一向宗取締を中心に―」 (13時40分~) 萱田寛也「近世後期における小石川養生所存続の背景」 (15時~) 渡邉綾華「総力戦体制下の人々に押し寄せる「戦時生活の波」―『写真週報』の向こう側に社会を見る―」 (16時20分~) *各報告50分、討論20分 会場参加/資料代 500円 オンライン参加/無料 事前申込み必要。 グーグルフォーム にて、12月7日(水)までにお申し込みください。以下がURLです。 https://forms.gle/NAm9ZJSFbkdZ1fwn7 12月9日(金)にレジュメと当日のURLをお知らせします。 会場参加の方も事前にお申し込みください。 会場参加の方には印刷したレジュメをお配りします。資料代は当日、受付にてお支払いください。
最近の投稿

民衆史研究会「制限のなかの移動・移住と共生」(12/18)のご案内

お知らせをいただきましたので、転載します。 2022年度民衆史研究会シンポジウム 大会テーマ「制限のなかの移動・移住と共生」 本大会では、2022年2月以降のロシア・ウクライナ戦争をうけて、国境を越えた人々の移動・移住や共生の問題等について、民衆史研究の立場から考察を深めることを目指しています。 シンポジウムは、下記の要領で開催いたします。 日時 12月18日(日)13:00〜17:30  開催形態 オンライン(zoom)  参加費 無料  お申し込み  下記のGoogleフォーム より受け付けております。 https://forms.gle/hHNoaXFNcgqtmmZM6  *お申し込み締め切り 12月17日(土)17:00  *お申し込みされた方には、開催までに報告資料およびzoomのURLをお送りいたします。 シンポジウム報告者 ①柿沼亮介氏(早稲田大学高等学院)「古代西海道の「辺境島嶼」と「越境」する人々」 ②長森美信氏(天理大学)「壬辰戦争における朝鮮被虜人と降倭――日本人になった朝鮮人、朝鮮人になった日本人――」  ③中山大将氏(釧路公立大学)「境界地域を問い続ける引き上げ者 工藤信彦『樺太覚書』とサハリン島近現代史」  ④コメンテーター 檜皮瑞樹氏(千葉大学) *①~③各報告につき40~50分+質疑応答10~20分、④コメント20分、その後全体討論30~40分を予定しております。  *ご不明点がございましたら、minshu.shi■gmail.com(■を@に変えてください)までお問合せください。  *民衆史研究会は、1960年に発足して以来、早稲田大学の大学院生が主体となって運営する、歴史ある学会です。コロナ禍の影響により、3年ぶりのシンポジウム開催となります。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

第93回民衆思想研究会のご案内

お知らせをいただきましたので、転載します。 第93回の民衆思想研究会は、久々の対面開催を行います。また初の試みとして、オンライン併用で開催いたします。 皆様のご参加を心よりお待ちいたしております。 第93回民衆思想研究会 [フライヤーPDF] 日にち:2022年8月27日(土) 時間: 10:00~11:30 巡見(平和の大塔・霊光館など) 13:00~16:00 研究報告 場所: 成田山書道美術館(成田山公園内、京成電鉄またはJR線「成田駅」から徒歩25分) 報告者: 石井七海氏(一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程)「上総道学における「天地」観について─『養斎先生仁説問答講義』を中心に─」(仮) 清水詩織氏(早稲田大学教育・総合科学学術院非常勤講師)「岩槻藩房総分領における「異国船」と「開国」」(仮) 菅根幸裕氏(千葉経済大学)「近世六十六部廻国聖の総合的分析─安房国高梨吉左衛門日記を中心に─」 参加費: 会場参加→700円(書道美術館入館料を含む) オンライン参加→無料 申込方法: 下記の参加申込フォームより、お申込み下さい。 https://forms.gle/L3cuEHk6BjuttfKt6 ※申込後、自動返信メールが届きます。なお、当日の詳しいご案内は、8月23日(火)ごろにお送りします。 ※申込時に、会場参加かオンライン参加をお選び下さい。ただし、新型コロナウイルスの感染状況拡大により、完全オンライン開催に切り替わる可能性がございます。その際はお申込み頂いたメールアドレスに、対面開催中止のご連絡を差し上げます。 申込締切:8月21日(日)23:59 みなさまにお会いできることを、楽しみにしております。 第93回民衆思想研究会事務局 minshushisou93@gmail.com

2022年度総会・第1回研究会(7/16)のご案内

7月16日、アジア民衆史研究会2022年度総会および第1回研究会を開催いたします。 今回につきましても、状況に鑑み、Zoomでの開催となります。 皆様にはご不便をおかけしますが、ご参集のほど、よろしくお願いします。 概要 日にち:7月16日(土) 時間:11:00~12:00 総会、13:00~17:10 研究会 場所:オンライン開催(Zoomを使用します) 主催:アジア民衆史研究会 総会次第 2021年度活動報告および2022年度活動計画 2021年度会計決算および2022年度会計予算 第1回研究会 報告者(タイトルは仮)      伊藤静香:「近世演劇における「切支丹」表象──十八世紀の作品を中心に──」 親富祖顕吾:「幕末期-明治前期島津家の政策・事業における市来四郎の活動と琉球」 伊藤匠平:「オリエント鉄道争議からみるトルコ共和国成立期労働者の意識と行動」 タイムスケジュール 13:00 開会挨拶、注意事項の説明 13:15 報告①伊藤静香報告 14:35 報告②親富祖報告 15:55 報告③伊藤匠平報告 申込方法 申込にはGoogleフォームを使用します。参加を希望される方は、下記URLをクリックし、Googleフォームにメールアドレス等をご登録ください。 総会への申し込み https://forms.gle/Axwizsg91J923q9k7 研究会への申し込み https://forms.gle/KYckz9Zp7eyv9BCc7 2022年7月15日17時までに招待メールをお送りいたします。 注意事項 申込は前々日(7月14日[木])までにお済ませください。 ホストが認めた者以外の録音・録画は禁止となっています・報告者の研究成果を剽窃するなど、研究倫理に反する行為を行わないことを求めます。 会の運営に支障をきたすと判断した場合、ホストの権限で強制退出させる場合がございます。  

2021年度第2回研究会へのおさそい

アジア民衆史研究会2021年度第2回研究会を下記の要領で開催いたします。 概要 日にち:2021年12月19日(日) 時間:13:00~ 場所:オンライン開催( Zoom を使用します) 司会:久留島哲氏(千葉大学) 報告者 内津マリノ氏(千葉大学) 「清代台湾の地方社会──植民地研究の前提として」 古川梨子氏 (明治大学) 「昭和初期における『婦人画報』の立ち位置(仮)」 スケジュール 開会挨拶・注意事項の説明 報告①内津報告 報告②古川報告 閉会挨拶 12/17付記:ご案内しておりました森山報告は、報告者のご事情により中止させていただく運びとなりました。すでにお申し込みの方には申し訳ございませんが、どうぞご了承ください。 参加申し込みと招待メール どなたでもご参加いただけます。 12月17日(金)まで に、 参加申込みフォーム よりお申し込みください。 招待メールは、本会(popular.history.in.asia@gmail.com)より前日までにお送りいたします。資料がある場合は、招待メールとともに添付ファイルにてお送りいたします。 読み込んでいます… 注意事項 ホストが認めた者以外の録音・録画は禁止となっています。 報告者の研究成果を剽窃するなど、研究倫理に反する行為を行わないことを求めます。 会の運営に支障をきたすと判断した場合、ホストの権限で強制退出させる場合がございます。  

『アジア民衆史研究』第26集を発行しました

『アジア民衆史研究』第26集を、2021年7月に発行しました。 一般の書店・ネット書店等での取り扱いはございませんので、ご購入をご希望の方は、事務局までお気軽に お問い合わせください 。一冊2,000円、および送料(実費)にてお送りします。 アジア民衆史研究 第26集 中嶋久人・深谷克己「序文」 2019年度 第1回研究会 自由論題報告 李豊海「在日本朝鮮労働総同盟の創立に関する検討──「大同団結」と中央組織化の課題──」 2020年度 第1回研究会 自由論題報告 秦文憲「福利厚生としてのスポーツの位置づけと工場委員会──1920 年代における三菱神戸造船所内の野球を中心として──」 藤田貴士「近代日本における底辺労働者の意識と行動──米騒動前後神戸の港湾労働者を事例として──」 2020年度 特集企画 新型コロナウイルス感染症パンデミックの現在──それぞれの人々の経験と認識から考える 趣旨文 中嶋久人「新型コロナウイルス感染症パンデミック下の学生たち──2020年度秋学期演習授業から──」 稲葉真以「タブーを語る美術──「第10回麗水国際美術祭【解題】禁忌語」──」 潘吉玲「無いことと足りないことに気づいたコロナ経験」

2021年度総会・第1回研究会(合評・趙景達『近代朝鮮の政治文化と民衆運動』)のご案内

 アジア民衆史研究会2021年度総会、および第1回研究会を下記の要領で開催いたします。 概要 日にち:2021年8月21日(土) 時間: 会員の方にご参加いただける 総会 は 11:00~12:00 どなたでもご参加いただける 研究会 は 13:00~17:55 場所:オンライン開催( Zoom を使用します) 主催:アジア民衆史研究会 総会 主な議題 2020年度活動報告および2021年度活動計画 2020年度会計決算および2021年度会計予算 申込み方法 会員のみなさま宛に直接、参加方法をご案内いたします。 研究会 テーマ 書評会  趙景達『近代朝鮮の政治文化と民衆運動』(有志舎、2020年) 趣旨文  朝鮮近代史を主なフィールドとして、東アジア史の全体構造と、民衆史の方法を問い続けた趙景達氏が、昨春『近代朝鮮の政治文化と民衆運動』(有志舎、2020年)を上梓されました。本書において趙氏は、新たな方法的視座を明快に打ち出しています。それは、近代移行期の朝鮮社会を「政治文化」を基軸に捉えなおす、という視座です。趙氏は、「政治文化」の長期的波動という発想によって、朝鮮王朝成立時から植民地下の三・一運動までの朝鮮社会を動態的に把握しつつ、民衆の営為と運動の歴史を丹念に解き明かしています。加えて本書においては、それらを日本と比較するという視点が貫かれています。「政治文化」の比較は、統治体制にはじまり、近代の食生活や三・一運動/米騒動など、民衆の生活・運動・意識の次元にまで及んでいます。  民衆史の視点から「政治文化」論を試みる本書は、東アジア民衆を叙述するという困難な課題に対して、方法論的な示唆を与えています。そこで本会は、著者をお招きして、本書の合評会を企画しました。評者は、中国史の藤谷浩悦氏、日本史の大月英雄氏・藤田貴士氏にお願いしました。「政治文化」を視座として近代移行期の統治体制と民衆運動をとらえる本書の方法の有効性、そしてそれが可能にする比較史の可能性などについて、率直な意見交換の場となれば幸いです。 報告者 藤谷浩悦 / 大月英雄 / 藤田貴士 タイムテーブル 13:00 開会挨拶 13:05 藤谷報告 14:00 大月報告 14:55 藤田報告 15:50 著者からのリプライ 16:20 総合討論 17:50 閉会挨拶 申込み方法 8月20日まで に、 【