2013/01/20

第12回「近代移行期における東アジアの民衆のあり方を比較し、連関を考えるための国際的ネットワーク」構築のためのワークショップのご案内

 アジア民衆史研究会と韓国歴史問題研究所との共催ワークショップを、以下の内容で開催しましたのでご報告いたします。

日程:2013年2月22日~24日
場所:韓国・蔚山大学校

★スケジュール
2月22日 

研究会 14:00~18:30

1部 日韓の民衆史研究の視野と動向

 須田努 : 日本の史学史における民衆史研究
 裵亢燮 : 19世紀後半の民衆運動史研究の民衆像に対する批判的検討

2部 マイノリティと民衆史

 檜皮瑞樹 : マイノリティ研究と民衆史─アイヌ史研究と部落史研究の視点から 
 張龍經 : 民衆の暴力と衡平の条件
 
19:30~ レセプション
2月23日 

13:001830 研究会

3部 民衆の多重的な経験の再現方法

 青木然 : 神戸の港湾労働者と清国人労働者非雑居運動─民衆の排外ナショナリズムを再検討する試み
 佐々木啓 : 「産業戦士」の時代─民衆の徴用経験

 蘇賢淑 : 植民地時期女性離婚請求権の導入と「歴史的行為者」としての朝鮮女性
 許英蘭 : 蔚山國民保導盟事件の記憶と史化-國家史と地域史の間

4部 総合討論

19:00~ レセプション

2月24日
蔚山市内フィールドワーク
10:00~ 
塩浦関係史跡、西生浦倭城