投稿

2月, 2006の投稿を表示しています

第2回ワークショップを開催しました

イメージ
2006年2月11日、アジア民衆史研究会ワーキンググループは韓国の歴史問題研究所と、第2回共同ワークショップを開催しました。
テーマは「近代移行期における東アジアの民衆のあり方を比較し、連関を考えるための国際的ネットワーク」構築のためのワークショップ 2です。
詳細につきましては、会報21号にてご報告いたします。

日程
2月11日(土)
 個別報告:
   チャン・ヨンギョン「最近の韓国における 「民衆」及び「マイノリティ」をめぐる幾つかの問題」
   大川啓「日本近現代史研究における 「民衆」・「主体」の現在」
   李京遠「教祖伸寃運動期に表れる儒教的側面に対する考察」
   佐々木啓「戦時期の民衆像をめぐって」
   総合討論
   歴史問題研究所との夕食会
2月12日(日)
 フィールドワーク:
   川俣事件顕彰碑、雲龍寺、田中正造生家、佐野市郷土博物館、谷中村跡(渡良瀬遊水地内)
 歴史問題研究所との懇親会雲龍寺谷中村ワークショップ懇親会