投稿

8月, 2008の投稿を表示しています

『アジア民衆史研究 第13集』を発行しました

イメージ
2007年度の研究会報告をまとめた論集『アジア民衆史研究 第13集』を発行しました。

詳細は[書誌情報]をご覧下さい。表紙は、田村亜希子氏のデザインです。

例年に比べ、大幅に刊行が遅れましたこと、事務局より執筆者および会員のみなさまに、深くおわび申し上げます。2008会計年度B会員会費をすでにご納入頂きました会員の皆様には、9月初旬に発送致します。
また、会員・非会員を問わず、頒布のお申し込みを承っていおります。[論集を購入したい]をご参照下さい。

『アジア民衆史研究 第13集 老いをめぐるポリティクス』

イメージ
アジア民衆史研究 第13集
老いをめぐるポリティクス
東アジアにおける民衆の世界観(7)


佐川享平「2007年度趣旨文 死をめぐるポリティクス」


(第1回大会)
小椋喜一郎「幕藩制国家と「老い」をめぐるポリティクス」
大友昌子「「老い」のポリティーク──近代北東アジアにおける高齢者と生活保障」


(第2回大会)
板垣竜太「近代朝鮮の地域社会における「青年」」
伊東久智「「老人支配」への挑戦──日露戦後の「青年」論・「青年」政治運動にみる「老い」認識」

書誌情報
2008年8月発行
B5版/100ページ
ISSN 1881-5618
日本語・ハングル・中国語(繁体字)目次
装幀:田村亜紀子