投稿

6月, 2006の投稿を表示しています

『アジア民衆史研究 第11集 ウェスタンインパクトはいかに語られたか』

イメージ
アジア民衆史研究 第11集
ウェスタンインパクトはいかに語られたか
東アジアにおける民衆の世界観 (5)
中嶋久人「2005年度趣旨文 ウェスタンインパクトはいかに語られたか」
(第1回大会)
杉山弘「「クラント将軍」とは誰のことか──1879(明治12)年、コレラ騒動の風聞から──」
山田賢「清末湖南の反キリスト教運動と「正しさ」の系譜」
高口康太「参加記」
(第2回大会)
佐々充昭「東アジア近代におけるウエスタン・インパクトと国教創設運動の展開」
青木美智男「小林一茶の社会性と海外認識」
玉井建也「参加記:だれもいない森の中で木が倒れたら歴史学になるか」

書誌情報
2006年5月発行
B5版/約80ページ
ISSN 1881-5618
日本語・ハングル・中国語(繁体字)目次
装幀:田村亜紀子