投稿

10月, 2015の投稿を表示しています

2015年度第2回研究会のお知らせ

アジア民衆史研究会 2015年度第2回研究会を下記の要領で行います。 お誘い合わせの上、ふるってご参加下さい。
日時:20151122日(日)
12:00~臨時総会(規約改正など) 13:00~研究会
報告
(1)久留島哲氏「19世紀朝鮮における対外認識の実像と変遷―「異様船」来航事例を中心に―」
(2)中村祐也氏「南路電線をめぐる朝鮮 の外交と日本」
(3)阿部晋也氏「臨城事件について―中央と地方の対応の比較から―」

会場 明治大学駿河台キャンパスグローバルフロント 3階 4031教室
※レジュメ代200円を頂きます。


お問い合わせ:
   〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1
   明治大学情報コミュニケーション学部 須田努研究室

シンポジウムと講演会のお知らせ

イメージ
シンポジウム「儒教的民本主義と国民国家形成」、特別講演「ヨーロッパにおける丸山真男研究の状況」のご案内をいただきましたので、掲載いたします。
よろしくお願いいたします。

(1)シンポジウム「儒教的民本主義と国民国家形成」
 日時:12月13日(日) 10:30~17:30
 場所:明治大学駿河台校舎 グローバルフロント4021教室
   詳細は以下のチラシをご参照ください。

 (2)特別講演「ヨーロッパにおける丸山真男研究の状況」
  日時:2015年12月11日(金)3:00~5:00
  場所:明治大学駿河台校舎 グローバルフロント4021教室
   講師:ヴォルグガング・ザイフェルト:ハイデルベルグ大学名誉教授
  詳細は以下のチラシをご参照ください。

『アジア民衆史研究』第 20 集を発行しました

『アジア民衆史研究』第 20 集を、下記の内容で発行いたしました。

序文 ……………………………………………………………………深谷 克己・中嶋久人

在日沖縄人の「日本主権」希求と朝鮮人………………………………………上地聡子
 ――GHQ占領下の生存権という視座からの一考察――

在日朝鮮人による濁酒と抵抗……………………………………………………李杏理
 ――1945-1949年「第三国人」排斥と生活を守るたたかい――

明治期日本における清国の法権行使………………………………………………趙国
 ――長崎の事例を中心として――

植民地期の歴史を朝鮮史として書くこと………………………………………加藤圭木

植民地朝鮮の歴史像………………………………………………………………大川啓
 ――趙景達『植民地朝鮮と日本』を読む――

植民地朝鮮をいかに見るか………………………………………………………趙景達
 ――書評:拙著『植民地朝鮮と日本』への応答――

混迷する植民地公共性論の行方…………………………………………………趙景達
 ――植民地近代性論批判再論――

 ※2015年5月刊行