『アジア民衆史研究』第 20 集を発行しました

『アジア民衆史研究』第 20 集を、下記の内容で発行いたしました。

序文 ……………………………………………………………………深谷 克己・中嶋久人

在日沖縄人の「日本主権」希求と朝鮮人………………………………………上地聡子
 ――GHQ占領下の生存権という視座からの一考察――

在日朝鮮人による濁酒と抵抗……………………………………………………李杏理
 ――1945-1949年「第三国人」排斥と生活を守るたたかい――

明治期日本における清国の法権行使………………………………………………趙国
 ――長崎の事例を中心として――

植民地期の歴史を朝鮮史として書くこと………………………………………加藤圭木

植民地朝鮮の歴史像………………………………………………………………大川啓
 ――趙景達『植民地朝鮮と日本』を読む――

植民地朝鮮をいかに見るか………………………………………………………趙景達
 ――書評:拙著『植民地朝鮮と日本』への応答――

混迷する植民地公共性論の行方…………………………………………………趙景達
 ――植民地近代性論批判再論――

 ※2015年5月刊行

コメント

このブログの人気の投稿

2018年度第1回研究会へのおさそい

東アジアの視点から安丸民衆史を考える 2017年度第2回大会

澤井啓一さんが『日韓民衆史研究の最前線』評論文を歴研に寄稿されました