2013/03/10

2013年度第2回研究会のご案内

本年度第2回研究会を以下の内容で開催します。
お誘い合わせの上、ふるってご参加下さい。

日時:2013330日(土)
13:00~  総会
14:00~  研究会

研究会報告

書評会 深谷克己著『東アジア法文明圏の中の日本史』(岩波書店、2012年)
評者 三ツ松誠氏、伊藤俊介氏

会場:明治大学リバティタワー1075教室

明治大学駿河台キャンパス

主催:アジア民衆史研究会
※事前のお申し込みは必要ありません。レジュメ代200円を頂きます。
みなさまのご参加をお待ちしています。

『アジア民衆史研究 第16集』

2010年度の研究会報告をまとめた論集『アジア民衆史研究 第16集』の内容は以下の通りです。


アジア民衆史研究 第16集

序文(安在邦夫・深谷克己)

清水詩織「近世後期の海防費用負担と地域――上総国山辺郡宿村一件を事例に」
 
田中元暁「西周の対外認識の展開――東アジアを中心にして」
 
伊藤俊介「甲午改革における警察制度改革と警察官吏」
 
太田亮吾・小山亮・本庄十喜・金洙・田中元暁「「韓国併合」100年と日本社会」
 
※2012年3月14日発行

『アジア民衆史研究 第15集』


2009年度の研究会報告をまとめた論集『アジア民衆史研究 第15集』の内容は以下の通りです。


アジア民衆史研究 第15集

序文(安在邦夫・深谷克己)
 
青木然「日清戦争期における娯楽の状況──民衆の世界観への一考察」

佐藤顕「近世後期における西国巡礼と「善根」――紀ノ川の無銭渡を事例に」
 
輝元泰文「秩父事件における「自由党」と地域社会――実力行使をめぐる社会意識をめぐって」
 
※2010年11月10日発行 ISSN 1881-5618