『アジア民衆史研究 第15集』


2009年度の研究会報告をまとめた論集『アジア民衆史研究 第15集』の内容は以下の通りです。


アジア民衆史研究 第15集

序文(安在邦夫・深谷克己)
 
青木然「日清戦争期における娯楽の状況──民衆の世界観への一考察」

佐藤顕「近世後期における西国巡礼と「善根」――紀ノ川の無銭渡を事例に」
 
輝元泰文「秩父事件における「自由党」と地域社会――実力行使をめぐる社会意識をめぐって」
 
※2010年11月10日発行 ISSN 1881-5618
 

 

コメント

このブログの人気の投稿

東アジアの視点から安丸民衆史を考える 2017年度第2回大会

2018年度第1回研究会へのおさそい

澤井啓一さんが『日韓民衆史研究の最前線』評論文を歴研に寄稿されました