『アジア民衆史研究 第16集』

2010年度の研究会報告をまとめた論集『アジア民衆史研究 第16集』の内容は以下の通りです。


アジア民衆史研究 第16集

序文(安在邦夫・深谷克己)

清水詩織「近世後期の海防費用負担と地域――上総国山辺郡宿村一件を事例に」
 
田中元暁「西周の対外認識の展開――東アジアを中心にして」
 
伊藤俊介「甲午改革における警察制度改革と警察官吏」
 
太田亮吾・小山亮・本庄十喜・金洙・田中元暁「「韓国併合」100年と日本社会」
 
※2012年3月14日発行

コメント

このブログの人気の投稿

東アジアの視点から安丸民衆史を考える 2017年度第2回大会

2018年度第1回研究会へのおさそい

澤井啓一さんが『日韓民衆史研究の最前線』評論文を歴研に寄稿されました