投稿

11月, 2008の投稿を表示しています

シンポジウム「国民国家形成期の民衆運動と政治文化」

イメージ
人間文化研究機構アジア民衆史研究会 シンポジウム国民国家形成期の民衆運動と政治文化
日時:11月29日(土)9時30分~17時30分
場所:明治大学駿河台校舎 リバティータワー8階 1083教室
問題提起:趙景達(朝鮮近代史、千葉大学文学部教授)
基調講演:深谷克己(日本近世史、早稲田大学文学学術院教授) 「東アジア法文明圏と政治文化-『百姓成立』論の視界-」

報告者:

久留島浩(日本近世史、国立歴史民俗博物館教授) 「近世後期地域社会の運営と民衆運動-19世紀の美作地域を中心に-」

秋葉淳(オスマン帝国史、千葉大学文学部准教授) 「19世紀オスマン帝国における改革と抵抗―アナトリアの事例から-」

藤谷浩悦(中国近代史、東京女学館大学教授) 「民国初期の政治的統合と地域社会―第二革命前後の湖南省を中心に―」

愼蒼宇(朝鮮近代史、都留文科大学講師) 「武装せる『無頼之徒』-韓国併合期における抗日蜂起とその政治文化-」
割田聖史(ドイツ−ポーランド近代史、宮城学院女子大学准教授) 「異化と統合のはざまで-帝都ベルリンのポーランド人-」

コメント:石田憲(国際政治史、千葉大学教授)

全体討論司会・総括:須田努(日本近世史、明治大学准教授)

主催:人間文化研究機構連携研究「国民国家の比較史的研究」班
共催:アジア民衆史研究会
事前のお申し込みは必要ありません。みなさまのご参加をお待ちしています。

第68回民衆思想研究会の情報

民衆思想研究会のご案内を頂きました。概略を転記します。

日時:12月13日(土)13:30〜
会場:学習院大学南3号館201教室
研究報告:
 大石三紗子氏
 「問屋場と助郷会所の運営から見る近世宿駅制度—東海道藤沢宿を事例として—」
 武林弘恵氏
 「宿場社会における買売春存立の一考察—奥州郡山宿の判元見届人・見廻り分析から—(仮)」
資料代:500円
終了後18時から懇親会を開催

訃報:方基中先生

韓国・歴史問題研究所所長 方基中(パン・キジュン、방기중)先生が、11月9日、お亡くなりになりました。
突然の訃報に、わたしたちは大変驚いています。

方先生は、2008年2月16日・17日に日本で行われたアジア民衆史研究会とのワークショップに参加されました。
2月17日のフィールドワークで、わたしたちとともに川越の町を散策された先生のお姿を懐かしく思い出します。

心よりお悔やみを申し上げますとともに、遥かにご冥福をお祈りいたします。


アジア民衆史研究会 代表 深谷克己・安在邦夫 事務局/ワーキンググループ 一同


ご参考:
歴史問題研究所 訃告(韓国語)
ハンギョレ新聞 記事(韓国語)