投稿

9月, 2007の投稿を表示しています

第1回シンポジウムを開催しました

第1回シンポジウム
老いをめぐるポリティクス  ──東アジアにおける民衆の世界観(7)──
日時:2007年9月22日(土)  【幹事会】11時から、【総会】12時半から、【大会】13時から
報告:   小椋喜一郎「幕藩制国家と老い」(仮)   大友昌子「帝国日本の植民地社会事業政策にみる老いのポリティーク」(仮)
会場:東京大学駒場キャンパス5号館511教室
みなさまのご参加、ありがとうございました。次回は1月の開催を予定しております。
趣旨文は[2007年度趣旨文]からご覧いただけます。

第5回ワークショップを開催しました

2007年8月25日・26日、アジア民衆史研究会ワーキンググループは韓国の歴史問題研究所と、第4回共同ワークショップを開催しました。歴史問題研究所・アジア民衆史研究会の共催、また本事業は財団法人日韓文化交流基金の助成を受けて実施されました。
テーマは「近代移行期における東アジアの民衆のあり方を比較し、連関を考えるための国際的ネットワーク」構築のためのワークショップ 5です。
詳細につきましては、会報24号にてご報告いたします。

日程
8月25日(土)
安東フィールドワーク①
臨清閣巡見・聞き取り調査、川前義城金氏巡見・聞き取り調査、知禮芸術村到着
 個別報告会:
   荻野夏木「近代の民衆と「迷信」」
   裵城浚(Bae Sung-Joon)「民衆史と歴史修正主義批判」
   佐川享平「炭鉱をフィールドとしたマイノリティ研究の実践と可能性」
   許英蘭(Hur Young-Ran)「植民地旧慣調査の目的と実態」
 知禮芸術村に宿泊
8月26日(日)
安東フィールドワーク②
鶴峰宗宅及び雲章閣の巡見、河回村巡見、屏山書院巡見
 事業計画について協議(懇親会)