第1回シンポジウムを開催しました

第1回シンポジウム
老いをめぐるポリティクス
 ──東アジアにおける民衆の世界観(7)──

日時:2007年922日(土)
 【幹事会】11時から、【総会】12時半から、【大会】13時から

報告:
  小椋喜一郎「幕藩制国家と老い」(仮)
  大友昌子「帝国日本の植民地社会事業政策にみる老いのポリティーク」(仮)

会場:東京大学駒場キャンパス5号館511教室

みなさまのご参加、ありがとうございました。次回は1月の開催を予定しております。

趣旨文は[2007年度趣旨文]からご覧いただけます。

コメント

このブログの人気の投稿

2018年度第1回研究会へのおさそい

東アジアの視点から安丸民衆史を考える 2017年度第2回大会

澤井啓一さんが『日韓民衆史研究の最前線』評論文を歴研に寄稿されました