『東アジアの近代移行と民衆 第5集』

東アジアの近代移行と民衆 第5集

1999年 ソウルシンポジウム
東アジア地域における国民形成と民衆
1999年8月7日 主催:歴史問題研究所 共催:アジア民衆史研究会

主旨説明
全遇容「日露戦争前後の国家と商人・ブルジョワジーとの関係」
鶴園裕「東アジア地域における国民形成と民衆──金九の『白凡逸志』にみる「両班とサンノム」──」
林相範「東アジアにおける国民形成と民衆──個体と国民、新文化運動の模索を中心に──」
田中比呂志「清末における立憲改革と国民形成──政治的中間層(地方エリート)の役割を中心として──」
朴羊信「日清戦後の日本におけるナショナリズムの展開と日本人──陸羯南を中心に──」
阿部安成「19世紀後半日本の規範秩序とフォークロア」
許英蘭「全遇容・鶴園裕報告についての討論文」
許元「林相範・田中比呂志報告に対する討論文」
青木美智男「朴羊信氏・阿部安成氏報告へのコメント」
高島千代 討論要旨
宮嶋博史 参加記
宮崎克則 参加記

コメント

このブログの人気の投稿

東アジアの視点から安丸民衆史を考える 2017年度第2回大会

2018年度第1回研究会へのおさそい

論集『アジア民衆史研究』を頒布しています