『東アジアの近代移行と民衆 第3集』

東アジアの近代移行と民衆 第3集

東アジアの近代移行を民衆運動史からとらえる国際シンポジウム
18~19世紀近代移行期の東アジア民衆像

1997年8月2日 早稲田大学国際会議場 第一会議室 10時~17時

中嶋久人「明治国家と自由民権運動──近代国民国家形成期における国家と民衆──」
朱慶葆「太平天国政権と農民問題」
王賢鐘「1894年農民戦争期民族問題と民衆運動」
田崎公司「明治初年の豪農層──福島県会津地方を事例に──」
裵亢燮「東学農民戦争期の在地役人の動向」
沈渭濱「上海の都市民衆と小刀会一揆」

1997年8月3日 早稲田大学国際会議場 井深ホール 10時~17時

落合延孝「日本近世の村共同体と民衆」
崔之清「キリスト教と太平天国運動」
金正起「不平等条約と1890ソウル商人の罷業・示威闘争」
方之光「洪秀全の愛国思想と事業について──金田村蜂起145周年を記念して──」
パネラー:鄭泰憲 方之光 山田忠雄
司会:青木美智男 新井勝紘
一日目整理報告:須田努
通訳:姜克實 鶴園裕 姜東彪

コメント

このブログの人気の投稿

東アジアの視点から安丸民衆史を考える 2017年度第2回大会

2018年度第1回研究会へのおさそい

澤井啓一さんが『日韓民衆史研究の最前線』評論文を歴研に寄稿されました