『アジア民衆史研究』第22集を発行しました

『アジア民衆史研究』第22集を発行しました。目次は以下の通りです。
またご購入をご希望の方は、事務局までお気軽にお問い合わせください。

アジア民衆史研究 第22集

目次

中嶋久人・深谷克己「序文」

2016年度 第1回研究会 書評『日韓民衆史研究の最前線』

大月英雄「東アジアの民衆をいかに描くか 日本の史学史を参照軸として」
小川原宏幸「歴史における全体像把握のために」
討論要旨

2016年度 第2回研究会
シンポジウム 「身分」と「門中」から問う琉球・沖縄社会
東アジアの近世・近代を島嶼社会琉球から考える

趣旨文
山田浩世「近世琉球社会の中の身分変更 庖丁人・医師・海運業者などを中心として」
玉城毅「階層文化としての親族 地方役人層と一般の百姓にとっての「門中化」」
松沢裕作「 <コメント> 結びつきを比較する 日本近世・近代史研究の立場から」
討論要旨

コメント

このブログの人気の投稿

2017年度第1回研究会へのおさそい

「身分」と「門中」から問う琉球・沖縄社会 2016年度第2回研究会のご案内

東アジアの視点から安丸民衆史を考える 2017年度第2回大会