歴研近代史部会 4月例会

歴研近代史部会 4月例会

千葉慶氏「任侠道、沖縄に出会う:「分類」の詩学としての東映任侠映画と詩学の崩壊に関する一考察」
高井万寸美氏「人種の記号化:R・ヴァーグナーの論文『音楽におけるユダヤ性』にみられる表象としての「ユダヤ」」
とのことです。
2007年4月26日(土)13時から、早稲田大学文学部にて開催されるそうです。

コメント

このブログの人気の投稿

東アジアの視点から安丸民衆史を考える 2017年度第2回大会

2018年度第1回研究会へのおさそい

澤井啓一さんが『日韓民衆史研究の最前線』評論文を歴研に寄稿されました