民衆史研究会2007年度大会シンポジウム

民衆史研究会2007年度大会シンポジウム
「「医療の国民化」を考える——現代史のなかの医療と民衆」
とのことです。報告者は中村一成さん、鬼嶋淳さん。コメントは高岡裕之さん。
2007年12月1日(土)、早稲田大学文学部にて開催されるそうです。

コメント

このブログの人気の投稿

2018年度第1回研究会へのおさそい

2005年度テーマ ウェスタンインパクトはいかに語られたか:東アジアにおける民衆の世界観(5)

澤井啓一さんが『日韓民衆史研究の最前線』評論文を歴研に寄稿されました