『アジア民衆史研究 第7集 君主観と主体の形成』

アジア民衆史研究 第7集
2001年テーマ
君主観と主体の形成
東アジアにおける民衆の世界観(1)

金井隆典「主旨説明」
岸本美緒「清朝皇帝の南巡と民衆」
奈倉哲三「諷刺眼維新変革―民衆は天皇をどう見ていたか―」
山本陽子「絵巻における天皇の描かれ方―平安朝から近代まで―」
須田努「趙景達氏『異端の民衆反乱』に見る東学民衆の君主観」
高島千代「安丸良夫氏の研究における民衆運動と「世界観」の形成」
須田努「深谷克己氏の研究から見た幕末期民衆の君主観」
靱矢嘉史「討論要旨」

書誌情報
  • 2001年5月1日発行
  • 
B5版/38ページ
  • 
日本語・韓国語・中国語目次

コメント

このブログの人気の投稿

東アジアの視点から安丸民衆史を考える 2017年度第2回大会

2018年度第1回研究会へのおさそい

論集『アジア民衆史研究』を頒布しています